大学院看護学研究科

    研究テーマ

2019年度

  • 心臓・胸部大血管手術後の手術部位感染予防に関する研究(博士論文)

2017年度

  • 集中治療室におけるMRSA交差伝播に関連する危険因子の検討(修士論文)
  • 医療施設内結核感染予防のための結核健診受検職員の継続支援システムの構築に向けた研究(博士論文)

2016年度

  • 血流感染予防のための完全埋め込み型中心静脈アクセスポート管理の実態と課題(修士論文)

2015年度

  • CNICの視点からみた尿路感染予防のための尿道留置カテーテル管理の実態と評価(修士論文)
  • 近年分離されたStreptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis(SDSE)における病原性に関連する因子の検討(修士論文)
  • 集団保育をしている乳幼児の玩具に関する衛生管理の実態と課題(修士論文)

2014年度

  • 短期型血液透析用カテーテル関連血流感染予防のための管理システム構築に向け た研究(博士論文)

2011年度

  • 外来勤務に従事する多職種職員のウイルス性疾患に対する職業感染予防に関する研究(修士論文)
  • 感染の有害事象から捉えた訪問看護における針刺し予防対策に関する研究(博士論文)
  • 地域における耐性菌伝拡大防止システムの構築に向けた研究(博士論文)

2010年度

  • 上部尿路感染予防のための清潔間欠自己導尿の実際と指導に関する研究(修士論文)
  • 重症心身障害児(者)施設における入所者と職員間のMRSA伝播と多職種職員による手指衛生遵守率に関する研究(修士論文)

2009年度

  • 長期入院がん患児と家族に対するClostridium difficile感染症予防ケアに関する教育プログラムの開発に向けた研究(博士論文)
  • 新生児早発型GBS感染症予防のための母児ケアシステムの開発(博士論文)

2007年度

  • ICU入室中の気管挿管患者の感染予防のための口腔ケアに関する研究(修士論文)
  • 集中治療室における中心静脈カテーテル関連血流感染の発生要因に関する研究(修士論文)
  • 日本のゲイ・バイセクシュアル男性を対象としたHIV感染予防介入の評価に関する研究:介入評価指標としての行動ステージの活用と,'hidden population'に対する調査法の開発(博士論文)

2006年度

  • 長期入院がん患児におけるClostridium difficile関連下痢症の予防に関する排泄ケアに関する研究(修士論文)

2005年度

  • 鼻咽喉内視鏡処置に関連した感染予防に関する研究(修士論文)

2004年度

  • 術前MRSA鼻腔内保菌者の術前Mupirocin軟膏塗布による術後除菌効果の検討とその伝播経路による感染予防ケア―内因性感染予防に焦点を当てて―(修士論文)
  • Group B Streptcoccus(GBS)による垂直感染予防のための助産ケアに関する研究(修士論文)