業績紹介

<著書>

2021年
  • 矢野久子:インフルエンザ患者の看護,ナーシング・グラフィカEX,血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),376-377,メディカ出版,大阪,2021.
  • 矢野久子:破傷風患者の看護,ナーシング・グラフィカEX,血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),425-426,メディカ出版,大阪,2021.
  • 矢野久子,安田陽子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),11-22,メディカ出版,大阪,2021.
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,第3版(矢野久子,安田陽子編),71-77,メディカ出版,大阪,2021.
  • 矢野久子:高齢者の感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),137-145,メディカ出版,大阪,2021.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),146-149,メディカ出版,大阪,2021.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物・医動物,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),182-187,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:関節痛・筋肉痛・筋力低下の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),193-194,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:全身倦怠感・易疲労感の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),195,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:皮膚・粘膜症状の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),199,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:呼吸器障害の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),201,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:腎障害の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),202,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:易感染の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),204,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:免疫機能の異常で行われる主な検査,看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),206-207,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:画像検査の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),215,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:増悪因子回避のための看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),231,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:薬物療法を受ける患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),232-233,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:対症療法を受ける患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),233-234,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:多発性筋炎・皮膚筋炎・強皮症患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),269-270,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:関節リウマチ患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),274,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:成人スチル病患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),276,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:全身性エリテマトーデス患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),279-280,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:抗リン脂質抗体症候群患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),282,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:シェーグレン症候群患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),283-284,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:血管炎症候群患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),286,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:ベーチェット病患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),289-292,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:感染症で行われる主な検査,看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),325-326,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:ボツリヌス菌感染症患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),423,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:髄膜炎患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),433-434,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),98-103,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),128-136,メディカ出版,大阪,2021.
  • 脇本寛子:薬剤耐性菌,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),168-179,メディカ出版,大阪,2021.
  • 安岡砂織:花粉症(アレルギー性鼻炎),ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),238-243,メディカ出版,大阪,2021.
  • 安岡砂織:アトピー性皮膚炎,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),244-248,メディカ出版,大阪,2021.
  • 安岡砂織:病原体による滅菌方法の違い(study),ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),367,メディカ出版,大阪,2021.
  • 安岡砂織:黄色ブドウ球菌感染症患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),404-406,メディカ出版,大阪,2021.
  • 安岡砂織:病原性大腸菌感染症患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),412-413,メディカ出版,大阪,2021.
  • 安岡砂織:血管内カテーテル関連血流感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ちと回復の促進③,臨床微生物・医動物,第4版(矢野久子,安田陽子編),173-177,メディカ出版,大阪,2021.
  • 吉川寛美:悪性リンパ腫患者の薬物療法と社会復帰までの看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),156-169,メディカ出版,大阪,2021.
2020年
  • 矢野久子:インフルエンザ患者の看護,ナーシング・グラフィカEX,血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),376-377,メディカ出版,大阪,2020.
  • 矢野久子:破傷風患者の看護,ナーシング・グラフィカEX,血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),425-426,メディカ出版,大阪,2020.
  • 矢野久子:自己免疫疾患(膠原病を含む)患者の看護,ナーシング・グラフィカ,造血機能障害/免疫機能障害,第3版(矢野久子,矢野邦夫編),154-161,メディカ出版,大阪,2020.
  • 矢野久子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),11-22,メディカ出版,大阪,2020.
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),71-77,メディカ出版,大阪,2020.
  • 矢野久子:高齢者の感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),137-145,メディカ出版,大阪,2020.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),146-149,メディカ出版,大阪,2020.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物・医動物,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),182-187,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:関節痛・筋肉痛・筋力低下の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),193-194,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:全身倦怠感・易疲労感の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),195,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:皮膚・粘膜症状の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),199,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:呼吸器障害の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),201,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:腎障害の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),202,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:易感染の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),204,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:免疫機能の異常で行われる主な検査,看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),206-207,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:画像検査の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),215,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:増悪因子回避のための看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),231,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:薬物療法を受ける患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),232-233,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:対症療法を受ける患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),233-234,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:多発性筋炎・皮膚筋炎・強皮症患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),269-270,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:関節リウマチ患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),274,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:成人スチル病患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),276,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:全身性エリテマトーデス患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),279-280,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:抗リン脂質抗体症候群患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),282,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:シェーグレン症候群患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),283-284,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:血管炎症候群患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),286,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:ベーチェット病患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),289-292,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:感染症で行われる主な検査,看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),325-326,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:ボツリヌス菌感染症患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),423,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:髄膜炎患者の看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),433-434,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:関節リウマチ患者の看護,ナーシング・グラフィカ,健康の回復と看護③,造血機能障害/免疫機能障害,第3版(矢野久子,矢野邦夫編),メディカ出版,大阪,162-171,2020.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),98-103,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),128-136,メディカ出版,大阪,2020.
  • 脇本寛子:薬剤耐性菌,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),168-179,メディカ出版,大阪,2020.
  • 吉川寛美:悪性リンパ腫患者の薬物療法と社会復帰までの看護,ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護(4):血液/アレルギー・膠原病/感染症(薊隆文,矢野久子編),156-169,メディカ出版,大阪,2020.
2019年
  • 矢野久子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),11-22,メディカ出版,大阪,2019.
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),71-77,メディカ出版,大阪,2019.
  • 矢野久子:高齢者の感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),137-145,メディカ出版,大阪,2019.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),146-149,メディカ出版,大阪,2019.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物・医動物,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),182-187,メディカ出版,大阪,2019.
  • 脇本寛子:関節リウマチ患者の看護,ナーシング・グラフィカ,健康の回復と看護③,造血機能障害/免疫機能障害,第3版(矢野久子,矢野邦夫編),メディカ出版,大阪,162-171,2019.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),98-103,メディカ出版,大阪,2019.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),128-136,メディカ出版,大阪,2019.
  • 脇本寛子:薬剤耐性菌,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),168-179,メディカ出版,大阪,2019.
2018年
  • 矢野久子,安田陽子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),11-22,メディカ出版,大阪,2018.
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,第3版(矢野久子,安田陽子編),71-77,メディカ出版,大阪,2018.
  • 矢野久子:高齢者の感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),137-145,メディカ出版,大阪,2018.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),146-149,メディカ出版,大阪,2018.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物・医動物,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),182-187,メディカ出版,大阪,2018.
  • 矢野久子:自己免疫疾患(膠原病を含む)患者の看護,ナーシング・グラフィカ,造血機能障害/免疫機能障害,第3版(矢野久子,矢野邦夫編),154-161,メディカ出版,大阪,2018.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),98-103,メディカ出版,大阪,2018.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),128-136,メディカ出版,大阪,2018.
  • 脇本寛子:薬剤耐性菌,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),168-179,メディカ出版,大阪,2018.
2017年
  • 矢野久子,安田陽子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),11-22,メディカ出版,大阪,2017.
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,第3版(矢野久子,安田陽子編),71-77,メディカ出版,大阪,2017.
  • 矢野久子:高齢者の感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),137-145,メディカ出版,大阪,2017.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),146-149,メディカ出版,大阪,2017.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物・医動物,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),182-187,メディカ出版,大阪,2017.
  • 矢野久子・近藤三隆(監修),青山恵美(編著):看護師のための早引きドレーン・カテーテル管理BOOK,ナツメ社,東京,2017.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),98-103,メディカ出版,大阪,2017.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),128-136,メディカ出版,大阪,2017.
  • 脇本寛子:薬剤耐性菌,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),168-179,メディカ出版,大阪,2017.
2016年
  • 矢野久子,安田陽子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),11-22,メディカ出版,大阪,2016.
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),71-77,メディカ出版,大阪,2016.
  • 矢野久子:高齢者の感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),137-145,メディカ出版,大阪,2016.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),146-149,メディカ出版,大阪,2016.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物,ナーシング・グラフィカ,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),182-187,メディカ出版,大阪,2016.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),98-103,メディカ出版,大阪,2016.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),128-136,メディカ出版,大阪,2016.
  • 脇本寛子:薬剤耐性菌,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),168-179,メディカ出版,大阪,2016.
2015年
  • 矢野久子,安田陽子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),11-22,メディカ出版,大阪,2015.
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),71-77,メディカ出版,大阪,2015.
  • 矢野久子:高齢者の感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),137-145,メディカ出版,大阪,2015.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),146-149,メディカ出版,大阪,2015.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),182-187,メディカ出版,大阪,2015.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),98-103,メディカ出版,大阪,2015.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),128-136,メディカ出版,大阪,2015.
  • 脇本寛子:薬剤耐性菌,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第3版(矢野久子,安田陽子編),168-179,メディカ出版,大阪,2015.
  • 脇本寛子:GBS陽性産婦とその家族への支援,看護実践のための根拠がわかる母性看護技術,第2版(北川眞理子,谷口千絵編),114-115,メヂカルフレンド社,東京,2015.
2014年
  • 矢野久子:自己免疫疾患(膠原病を含む)患者の看護,ナーシング・グラフィカ,健康の回復と看護③,造血機能障害/免疫機能障害,第3版(矢野久子,矢野邦夫編),メディカ出版,大阪,154-161,2014.
  • 脇本寛子:関節リウマチ患者の看護,ナーシング・グラフィカ,健康の回復と看護③,造血機能障害/免疫機能障害,第3版(矢野久子,矢野邦夫編),メディカ出版,大阪,162-171,2014.
2013年
  • 矢野久子:尿路感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第2版(矢野久子,安田陽子編),54-62,メディカ出版,大阪,2013.
  • 矢野久子:日和見感染症,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第2版(矢野久子,安田陽子編),127-131,メディカ出版,大阪,2013.
  • 矢野久子:感染症と臨床微生物,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第2版(矢野久子,安田陽子編),166-172,メディカ出版,大阪,2013.
  • 矢野久子,安田陽子:臨床微生物・医動物一覧,ナーシング・グラフィカ,疾病の成り立ち③,臨床微生物・医動物,第2版(矢野久子,安田陽子編),219-230,メディカ出版,大阪,2013.
  • 矢野久子:アナフィラキシーショック患者の看護,ナーシング・グラフィカ,健康の回復と看護③,生体防御機能障害,第2版(矢野久子,御供泰治編),89-96,メディカ出版,大阪,2013.
  • 脇本寛子:母子感染,ナーシング・グラフィカ疾病の成り立ち③臨床微生物・医動物第2版(矢野久子,安田陽子編),114-121,メディカ出版,大阪,2013.
  • 脇本寛子:脳・神経系感染症,ナーシング・グラフィカ疾病の成り立ち③臨床微生物・医動物第2版(矢野久子,安田陽子編),83-89,メディカ出版,大阪,2013.
  • 脇本寛子:生体防御機能障害に関連する検査,ナーシング・グラフィカ健康の回復と看護③生体防御機能障害第2版(矢野久子,安田陽子編),163-176,メディカ出版,大阪,2013.
2011年
  • 矢野久子:看護学事典,第2版(総編集,見藤隆子,小玉香津子他),日本看護協会出版会,東京,2011.
  • 脇本寛子:看護学事典,第2版(総編集,見藤隆子,小玉香津子他),日本看護協会出版会,東京,2011.
2010年
  • 矢野久子:看護大事典,第2版(和田攻他編),医学書院,東京,2010.
  • 矢野久子:バイオセーフテイ指針(岡田淳編),医歯薬出版株式会社,東京,2010.

<学術論文等>

2022年
  • 吉川寛美、脇本寛子、矢野久子:保育所における乳幼児のための玩具の衛生管理の実態と課題(印刷中)、日本環境感染学会誌、2022.
  • Ryouhei Matsui, Hiroshi Sasano, Takafumi Azami, Hisako Yano, Hiromi Yoshikawa, Yota Yamagishi, Takahiro Goshima, Yuka Miyazaki, Kazunori Imai, Maretika Tsubouchi, Tomonori Hattori, Yoichi Matsuo, Shuji Takiguchi:Effectiveness of a Novel Semi-Closed Barrier Device with a Personalized Exhaust in Cough Aerosol Simulation according to Particle Counts and Visualization of Particles(in press),Indoor Air, 2022.
2021年
  • 福井幸子,矢野久子,安岡砂織,大西香代子:HBVキャリアが診断時に体験した医療者の倫理的行動 標準予防策による影響の検討,日本環境感染学会誌,36:66-71,2021.
  • Sachiko Fukui, Kayoko Ohnishi, Saori Yasuoka, Hisako Yano:Hepatitis B virus carriers’ experience with treatment, and ethical behavior of healthcare professionals towards them,Journal of Japan Academy of Human Care Science, 14,11-15,2021.
  • 福井幸子 ,安岡砂織,中原 純,矢野久子,大西香代子:感染症患者に対する医療者の倫理的行動の実態,日本看護科学会誌,41:486–493, 2021.
  • 板津良,矢野久子,安岡砂織,田村哲也,平手博之,祖父江和哉:救急領域を含めたICUにおけるMRSA交差伝播に関連する危険因子の検討,日本救急医学会中部地方会誌,17:1-5,2021.
  • 脇本寛子,金子典代,樅野香苗,天野薫,菅裕香,今枝恵利奈,Eun Jung Kim, Kyoung A Nam:看護実践能力向上のためのシミュレーション教育に関する研究の現状―日本と韓国の研究動向と今後の研究課題―,日本シミュレーション医療教育学会,9,1-10,2021
2020年
  • 青山恵美,矢野久子他:医療施設における結核健診受検職員の継続支援のためのデータ管理用ソフトウエアの開発,日本医療マネジメント学会雑誌,21(3):164-169,2020.
  • 古林千恵,矢野久子他,自己導尿開始の高齢患者に対して繰り返しの外来看護指導により中止することなく実施している1事例,日本排尿機能学会誌,30(2):494-501,2020.
2019年
  • 南里純代,矢野久子,安岡砂織他:尿路感染予防のための尿道留置カテーテル感染に関する実態調査,環境感染誌,34,50-54,2019.
  • Tadao Hasegawa, Masakado Matsumoto, Nanako Hata, Hisako Yano, Masanori Isaka, Ichiro Tatsuno, Homologous role of CovRS two-component regulatory system in NAD + -glycohydrolase activity in Streptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis as in Streptococcus pyogenes, APMIS,2019;127:87-92.
  • 大西香代子,福井幸子,安岡砂織,矢野久子:B型肝炎ウイルスキャリアと判明したときの医療者からの説明とその影響:予防接種における注射針の使い回しにより感染した人へのインタビュー調査,日本看護倫理学会誌,11,83-90,2019.
  • 新改法子,森本剛,矢野久子他:開心術後の手術部位感染発生に関するリスク因子の検討,日本心臓血管外科学会雑誌,48,161-169,2019.
  • 脇本寛子他:母乳哺育終了に向けたケアに関する文献検討―日本における母乳哺育終了時の母児およびケアの現状と課題―,日本母乳哺育学会雑誌,13(1),86-97,2019
2018年
  • 脇本寛子,矢野久子,大城誠,田中太平,松原康策他:早発型・遅発型B群レンサ球菌感染症の発症状況―多施設共同研究2007年~2016年―,日本周産期・新生児医学会雑誌,54(1),118-124,2018.
  • 青山恵美,矢野久子,前田ひとみ他:医療施設内職員の結核健診の現状と課題 結核感染予防のためのデータ管理の構築に向けて,日本医療マネジメント学会雑誌,14,223-228,2018.
  • 福井幸子,吹田夕起子,細川満子,矢野久子他:訪問看護に影響を与える診療所の感染対策の実態と課題,日本環境感染学会誌,33,37-46,2018.
  • 住田千鶴子,矢野久子,安岡砂織他:血流感染予防のための完全埋め込み型中心静脈アクセスポート管理に関する検討,日本環境感染学会誌,33,103-110,2018.
2017年
  • 脇本寛子,矢野久子,青山恵美,堀田法子:外来職員の麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘に対する免疫獲得状況‐医療職と非医療職,血清抗体価測定結果による比較‐,日本医療マネジメント学会雑誌,18,189-195,2017.
  • 安岡砂織,矢野久子,酒井謙:短期型血液透析用カテーテル関連血流感染の低減のための感染予防‐カテーテル刺入部の皮膚常在菌の様相から‐,細胞,49,248-250,2017.
  • 吹田夕起子,福井幸子,矢野久子他:地域包括ケアを担う医療従事者を対象とした感染症対策研修会の有効性と課題,日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学紀要,21,39-45,2017.
  • 吉川寛美,矢野久子,脇本寛子,畑七奈子:保育所における玩具の細菌汚染の実態,名古屋市立大学看護学部紀要,16,25-30,2017.
2016年
  • 脇本寛子,矢野久子,青山恵美,堀田法子,鈴木幹三:外来職員の麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘に対する免疫獲得状況,-「院内保管記録」と「今回の血清抗体価測定結果・質問紙調査結果」との比較によるワクチン接種プログラム構築に向けた検討-名古屋市立大学看護学部紀要,15,7-14,2016.
  • 吉川寛美,矢野久子:保育所利用児童の感染症発生状況と感染経路に関する考察~質問紙調査から~,名古屋市立大学看護学部紀要,15,23-27,2016.
2015年
  • 村端 真由美,加藤 はる,笈西 一樹,矢野 久子:がん患児入院病棟の療養環境のClostridium difficileによる汚染,日本環境感染学会誌,30,22-28,2015.
  • 寺島憲治,矢野久子,脇本寛子 他:小児長期療養型施設における多職種職員のケア場面と手指衛生遵守に関する検討,日本環境感染学会誌,30(1),33-43,2015.
  • 矢野久子,脇本寛子,青山恵美,堀田法子,市川誠一,鈴木幹三:外来職員のB型肝炎に対する免疫獲得状況と課題―医療職と非医療職との比較―,名古屋市立大学看護学部紀要,14,43-50,2015.
  • 脇本寛子,矢野久子,堀田法子,市川誠一,鈴木幹三:外来職員における麻疹,風疹,流行性耳下腺炎,水痘に対する免疫獲得状況とその解析,名古屋市立大学看護学部紀要,14,35-42,2015.
2014年
  • 安岡砂織,矢野久子,大橋靖,岡田隆之,金子典代他:短期型血液透析用カテーテル関連血流感染の発生率と患者要因に関する検討,透析会誌,47,607-613,2014.
  • 青山恵美,矢野久子,脇本寛子,岩田広子,鈴木幹三:医療施設・介護施設内での結核発生防止に関する文献的考察―肺結核の受診の遅れ,診断の遅れを中心に―,名古屋市立大学看護学部紀要,13,7-17,2014.
  • 矢野久子,長崎由紀子,脇本寛子,堀田法子,鈴木幹三:外来における感染症患者の早期発見のための症状・徴候による問診票の評価,名古屋市立大学看護学部紀要,13,37-42,2014.
2013年
  • Ogura M,Yano H,Sato M,et al.:Comparative analysis of MRSA strains isolated from cases of mupirocin ointment treatment in which eradication was successful and in which eradication failed,J Infect Chemother,19,196-201,2013.
  • 前田ひとみ,矢野久子,南家貴美代,脇本寛子:地域における薬剤耐性菌拡大防止対策の実現に向けて看護職が取り組むべき課題(第1報),-300床未満の医療機関の感染管理担当看護師と行政機関の保健師に対する面接調査から-,日本看護科学会誌,33,46-55,2013.
  • 中川善之,三善郁代,近藤陽子,高橋知子,脇本寛子,篠田かおる,諏訪美栄子,橋本真紀代,土井まつ子:中小病院や介護施設での感染対策,感染防止,23,48-54,2013.
2012年
  • 寺島憲治,矢野久子,脇本寛子,脇山直樹,奥住捷子,畑奈七子,脇本幸夫,川村直子,山本洋行,金子和可子:重症心身障害児(者)の留置器具におけるMRSA定着部位と看護師の手指衛生遵守に関する検討,重症心身障害の療育,7(2),165-168,2012.
  • 古林千恵,矢野久子,尾上恵子,脇本寛子,脇山直樹,畑七奈子,山本洋行,脇本幸夫:上部尿路感染予防のための清潔間欠自己導尿の実際と継続指導チェックリスト作成,日本環境感染学会誌,27(6),412-418,2012.
  • 井村幸恵,土井まつ子,脇本寛子:透析室の看護ケアにおける血液汚染リスクに関する検討,日本環境感染学会誌,27(2),91-95,2012.
  • 渡辺美奈,山本洋行,脇本寛子,井出由美,岩田広子,矢野久子:看護実践能力の向上に有用な視聴覚教材に関する文献的考察―名古屋市立大学病院看護部と看護学部のユニフィケーションによる動画教材の作成に向けた検討―, 名古屋市立大学看護学部紀要,11,9-19,2012.
2011年
  • 脇本寛子,脇本幸夫,矢野久子,松原康策,宮川創平,吉田敦,奥住捷子,佐藤洋子,澤田恭子,山田恭聖,二村真秀,北川眞理子他:新生児および妊婦褥婦由来B群レンサ球菌の薬剤感受性と血清型,多施設共同研究1999年~2009年,感染症学雑誌,85(2),155-160,2011.
  • 前田ひとみ,南家貴美代,矢野久子:訪問看護ステーションにおける耐性菌感染対策並びに看護ケアの実態と課題,日本環境感染学会誌,26,285-292,2011.
  • 三宅寿美,脇本寛子:インターネット調査による我が国の一般市民における「咳エチケット」の認識度,日本環境感染学会誌,26(2),87-93,2011.
  • 鈴木幹三,山本洋行,矢野久子:在宅医療における感染症の管理と予防に対する今後の展望-行政の立場から-,化学療法の領域,27,2533-2540,2011.
  • 福井幸子,矢野久子:訪問看護における感染に関する有害事象の実態,管理者を対象としたインタビュー調査から,名古屋市立大学看護学部紀要,10,23-32,2011.
2010年
  • 福井幸子,細川満子,矢野久子:X県内訪問看護ステーションにおける個人防護具使用と針刺しの実態調査,日本環境感染学会誌,25,286-289,2010.
  • 長崎由紀子,矢野久子,岡部光邦他:気管挿管患者の誤嚥性肺炎予防のための口腔ケアに関する検討,ICUとCCU,34,481-486,2010.
  • 山本洋行,山本和美,松島肇:内分泌かく乱化学物質ビスフェノールAの医療材料からの溶出とその毒性評価―点滴ルートについて―,有害・医療廃棄物研究,23(1),15-21,2010.
  • 鈴木幹三,鵜飼真弓,岩田康一,青木誠,矢野久子:高齢者施設・精神科病院関連施設における感染制御,接触感染予防策,経口感染,感染制御,6,76-82,2010.
  • 矢野久子,鈴木幹三:高齢者施設・精神科病院関連施設における感染制御,接触予防策,耐性菌感染,感染制御,6,155-159,2010.
  • 脇本寛子,土井まつ子,市川美智子他:図書の細菌汚染の現状と衛生管理方法,愛知医科大学看護学部紀要,9,12-17,2010.

<その他の論文等>

2021年
  • 安岡 砂織, 矢野 久子:血液透析関連感染予防のための皮膚の清潔と観察 看護・介護職によるカテーテル挿入前の皮膚洗浄と触覚や嗅覚等の五感を用いた観察,地域ケアリング,23(2):46-49,2021.
2020年
  • 金子典代,樋口倫代,天野薫,脇本寛子他:名古屋市立大学大学院看護学研究科の国際交流プログラム-ハルリム大学看護研修の実施-,なごや看護学会誌,2(2),39-45,2020.
  • 中神克之,金子典代,脇本寛子他:名古屋市立大学大学院看護学研究科の国際交流プログラム―パーツ大学公衆衛生学部(東ティモール)との短期研修プログラム―,なごや看護学会誌,2(2),34-38,2020
2019年
  • 脇本寛子:産科における感染制御 産科外来,周産期医学,49(6),813-816,2019.
  • 山口知香枝,金子典代,脇本寛子他:さくらサイエンスプランによる国立モンゴル医科大学看護学部とパーツ大学公衆衛生学部(東ティモール)の学生の招へい「根拠に基づいた健康的なコミュニティづくり」,なごや看護学会誌,1(1),1-10,2019.
2018年
  • 古林千恵,矢野久子,丸山哲史:地域医療連携による高齢者の清潔間欠自己導尿の継続に向けた排尿管理とその問題点に関する文献的考察,名古屋市立病院紀要,39,23-28,2018.
  • 青山恵美,吉川寛美,高久道子,矢野久子:全国の医療機関の外来部門における結核困難事例―アンケート調査の自由回答に挙げられた67例―,名古屋市立大学看護学部紀要,17,33-39,2018.
  • 福井幸子,吹田夕起子,細川満子,矢野久子他:訪問看護で注射器等を安全に廃棄できる携帯用医療廃棄容器の開発-訪問看護師による開発容器と既製容器の評価を通して-,青森県立保健大学雑誌,18,1-8,2018.
  • 脇本寛子他:平成29年度国際交流委員会活動報告1 ハルリム大学医学部看護学科との国際交流,名古屋市立大学看護学部紀要,17,41-46,2018.
  • 山口知香枝,嶌田理佳,金子典代,脇本寛子他:平成29年度国際交流委員会活動報告2 国立モンゴル医科大学看護学部との交流拡充のための視察,名古屋市立大学看護学部紀要,17,47-50,2018.
  • 樋口倫代,嶌田理佳,脇本寛子他:平成29年度国際交流委員会活動報告3 名古屋市立大学と東ティモール・パーツ大学との大学間交流協定締結準備,名古屋市立大学看護学部紀要,17,51-53,2018.
  • 杉浦和子,脇本寛子,小黒智恵子:なごや看護生涯学習セミナー,平成29年度看護実践研究センター報告書,名古屋市立大学看護学部紀要,17,109-115,2018.
  • 脇本寛子,小田嶋裕輝:地域連携セミナー,平成29年度看護実践研究センター報告書,名古屋市立大学看護学部紀要,17,116-117,2018.
2017年
  • 脇本寛子,樅野香苗,堀田法子,平岡翠,水野千枝子:平成28年度名古屋市立大学看護実践教育モデル事業の活動報告,名古屋市立大学看護学部紀要,16,63-68,2017.
  • 金子典代,脇本寛子他:なごや看護生涯学習公開講演会,平成28年度看護実践研究センター報告書,名古屋市立大学看護学部紀要,16,110-111,2017.
  • 金子さゆり,脇本寛子他:地域連携セミナー,平成28年度看護実践研究センター報告書,名古屋市立大学看護学部紀要,16,111-112,2017.
  • 明石惠子,脇本寛子他:昭和生涯学習センター共催講座,平成28年度看護実践研究センター報告書,名古屋市立大学看護学部紀要,16,113-114,2017.
2016年
  • 樅野香苗,堀田法子,脇本寛子,平岡翠,水野千枝子:平成27年度名古屋市立大学看護実践教育モデル事業の活動報告,名古屋市立大学看護学部紀要,15,65-69,2016.
  • 脇本寛子,山口孝子,友廣智香:なごや看護生涯学習公開講演会,平成27年度看護実践研究センター報告書,名古屋市立大学看護学部紀要,15,118-119,2016.
2015年
  • 矢野久子,脇本寛子:平成25年度名古屋市立大学市民公開講座「家庭で活用できる感染予防の基礎知識~標準予防策~」,名古屋市立大学看護学部紀要,14,71-73,2015.
2014年
  • 鈴木幹三,青山恵美,住田千鶴子,矢野久子:市中におけるノロウイルス感染制御,高齢者介護施設および在宅介護の場合,感染対策ICTジャーナル,9,328-334,2014.
  • 脇本寛子:新生児感染管理なるほどQ&A,実践編NICUでのケア,ルチーンで行う臍処置に消毒は必要なのでしょうか?,Neonatal Care,2014秋季増刊,185-190,2014.
2013年
  • 渡辺美奈,井出由美,岩田広子,山本洋行,脇本寛子,矢野久子:看護実践能力の向上に役立つ視聴覚教材の作成―大学病院看護部と看護学部とのユニフィケーション―,名古屋市立大学病院看護研究集録,32-38,2013.
2012年
  • 矢野久子:手指衛生,Nursing Today,27(3),14,2012.
  • 鈴木幹三,林嘉光,菅栄,矢野久子:高齢者介護施設における感染管理体制,28,2349-2354,2012.
  • 鈴木幹三,矢野久子:公衆衛生Q&A,デイサービスなど利用前の感染症検査の必要性・対応,日本医事新報,4622,60-61,2012.
2011年
  • 矢野久子:書評,CDCガイドラインに学ぶ感染対策,困ったときのQ&A(矢野邦夫著,南江堂),がん看護,16,586,2011.
2010年
  • 矢野久子:医療関連感染対策Q&A,化学療法の領域,26,450-455,2010.

研究報告書

2021年
  • 脇本寛子(代表:山口知香枝):ハルリム大学との国際共同研究の推進と学生間交流プログラムの拡充,令和2年度特別研究奨励費実績報告書,2021.
  • 脇本寛子(代表:曽我幸代):名古屋市立大学とパーツ大学の大学間交流協定における人づくり,地域づくりに着目した学際的交流プログラムへの拡充,令和2年度特別研究奨励費実績報告書,2021.
  • 脇本寛子,松本千佳子,山吹美貴:看護研究サポート,16-17,令和2年度看護実践研究センター報告書.
2020年
  • 天野薫,樅野香苗,金子典代,脇本寛子他:ハルリム大学との学生間交流プログラムの拡充と共同研究の推進,令和元年度特別研究奨励費実績報告書,2020.
  • 中神克之,樋口倫代,金子典代,脇本寛子他:保健医療分野の国際的な人材の育成・確保に着目した東ティモール・パーツ大学との互恵的な交流の推進,令和元年度特別研究奨励費実績報告書,2020.
  • 脇本寛子,小田嶋裕輝:地域連携セミナー,17-18,令和元年度看護実践研究センター報告書.
  • 原沢優子,脇本寛子他:看護研究サポート,19-20,令和元年度看護実践研究センター報告書.
2019年
  • 脇本寛子:侵襲性新生児GBS感染症予防のための母児感染予防ケアの開発と評価,日本学術振興会科学研究費基盤研究(C),2014年度~2018年度.
  • 脇本寛子:看護実践能力向上のためのシミュレーション教育に関する研究―ハルリム大学との国際共同研究―,平成30年度名古屋市立大学特別奨励費 国際交流の推進事業研究成果報告書,2019.
  • 脇本寛子(代表:山口知香枝):国立モンゴル医科大学との交流の発展とコミュニティヘルス分野における共同研究の可能性の模索,平成30年度名古屋市立大学特別奨励費 国際交流の推進事業研究成果報告書,2019.
  • 小田嶋裕輝,脇本寛子:地域連携セミナー,18-19,平成30年度看護実践研究センター報告書,2019.
2018年
  • 矢野久子(代表:福井幸子):訪問看護で注射器等を安全に廃棄できる携帯用医療廃棄物容器の開発,平成29年度青森県研究推進・知的財産センター指定型研究,産学連携研究,2017年度.
  • 脇本寛子(代表:山口知香枝):国立モンゴル医科大学看護学部との交流の拡充,平成29年度名古屋市立大学特別研究奨励費 国際交流の推進事業 研究成果報告書,2018.
  • 脇本寛子(代表:樋口倫代):東ティモール・パーツ大学との学術交流に向けた準備,平成29年度名古屋市立大学特別研究奨励費 国際交流の推進事業 研究成果報告書,2018.
  • 吉川寛美:小児科外来における医療関連感染予防のための玩具の衛生管理方法の検討,日本学術振興会科研費・研究活動スタート支援,2016~2018.
2017年
  • 矢野久子(代表:村端真由美):重症な炎症性腸疾患患児における医療関連感染予防に向けた排泄ケアプログラムの開発,日本学術振興会科学研究費・基盤研究(C),2014~2016.
  • 矢野久子(代表:福井幸子):訪問看護で注射器等を安全に廃棄できる携帯用医療廃棄物容器の開発,青森県研究推進・知的財産センター指定型研究,産学連携研究,2015~2016.
2016年
  • 矢野久子:外来機能の強化による医療関連感染予防のための連携システム開発と評価,日本学術振興会科学研究費・基盤研究(C),2012~2015年度
  • 住田千鶴子,矢野久子,金子典代,鈴木幹三他:血流感染予防のための完全埋め込み型中心静脈アクセスポート管理の実態と課題,名古屋市療養サービス事業団,公益助成事業成果報告書,2015年度
  • 矢野久子他(代表:村端真由美):抗菌塗装の長期有効性評価に関する検討に関する報告書,三重県:みえライフイノベーション総合特区推進費補助金,2015年度
  • 脇本寛子(研究協力者):平成27年度厚生労働科学研究費補助金(新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業)「医療機関における感染制御に関する研究」(研究代表者:八木哲也)分担研究「医療機関における院内感染対策マニュアル作成のための手引きの更新」(研究分担者:荒川宜親),2016.
2015年
  • 矢野久子(分担),(代表:福井幸子):訪問看護事業所とかかりつけ医の連携における感染予防上の課題と対策,日本学術振興会科学研究費・挑戦的萌芽研究,2012~2014,研究成果報告書,2015.
  • 矢野久子(分担),(代表:安岡砂織):皮膚細菌侵入による透析用カテーテル関連血流感染予防のための管理方法の開発,日本学術振興会科学研究費・基盤研究(C),2012~2014,研究成果報告書,2015.
  • 矢野久子,青山恵美,脇本寛子,鈴木幹三:院内感染予防のための保健所と連携した結核接触者健診受検者の継続支援システムの開発,平成26年度名古屋市立大学特別研究奨励費・研究成果報告書,2015.
  • 脇本寛子,矢野久子,渡辺美奈,井出由美,平岡翠:ユニフィケーションによる看護実践能力向上に向けた多重課題に関する教育プログラムの開発と評価,平成26年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2015.
  • 長谷川忠男,松井秀之,矢野久子,脇本寛子,畑七奈子:臨床分離A,B,G群レンサ球菌の病原性・薬剤耐性の変化とそのメカニズムの解明,平成26年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2015.
2014年
  • 脇本寛子:侵襲性新生児GBS感染症予防のための母児ケアシステムの開発,科学研究費助成事業研究成果報告書,文部科学省科学研究費若手研究(B),2014/6.
  • 脇本寛子,矢野久子,長尾多美子,渡辺美奈,井出由美,平岡翠:ユニフィケーションによる看護実践能力向上に向けた多重課題に関する教育プログラムの開発と評価,平成25年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2014.
  • 長谷川忠男,松井秀之,木村和哲,矢野久子,堀田法子,脇本寛子,長尾多美子:地域ケアサービスの向上を目指した感染予防システムの開発~次世代の健やかな育成のための感染症対策~,平成25年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2014.
2013年
  • 脇本寛子,矢野久子,山本洋行,渡辺美奈,井出由美,平岡翠:ユニフィケーションによる看護実践能力向上に向けた多重課題に関する教育プログラムの開発と評価,平成24年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2013.
  • 長谷川忠男,松井秀之,木村和哲,矢野久子,脇本寛子,長崎由紀子:地域ケアサービスの向上を目指した感染予防システムの開発,平成24年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2013.
  • 外務省,テスコ株式会社・八千代エンジニヤリング株式会社:バングラデイシュ人民共和国,医療廃棄物処理システムのパッケージ展開,平成24年度政府開発援助海外経済協力事業委託費による「案件化調査」ファイナル・レポート,(第1次現地調査団員,矢野久子),2013.
2012年
  • 矢野久子,市川誠一,堀田法子,戸苅 創,前田ひとみ:外来機能強化による医療関連感染予防のための連携システムの開発,科学研究費基盤研究(C)2009~2011,研究成果報告書,2012.
  • 前田ひとみ,矢野久子:耐性菌拡大防止に向けた多職種連携による地域ネットワークと感染監視システムの開発,科学研究費基盤研究(B)2008~2011,研究成果報告書,2012.
  • 山本洋行,矢野久子,脇本寛子他:感染予防の観点からの看護技術に関する視聴覚教材の開発と評価―看護学生から新人看護師までの看護実践能力向上に向けて―,平成23年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2012.
  • 長谷川忠男,松井秀之,木村和哲,矢野久子,脇本寛子,山本洋行他:名古屋市における多剤耐性菌拡大予防のための地域ニーズ発掘とその対策~地域の感染予防機能の向上をめざして~,平成23年度名古屋市立大学特別研究奨励費研究成果報告書,2012.
  • 山本洋行,矢野久子,脇本寛子:多剤耐性菌侵入防止のための腎瘻ケアの検討,平成23年度名古屋市高齢者療養サービス事業団公益助成事業研究成果報告書,2012.
2011年
  • 脇本寛子:医療連携の観点からの新生児GBS感染症予防のための母子ケアシステムの開発,科学研究費補助金研究成果報告書,科研費若手研究(B),2011.
  • 山本洋行,矢野久子,脇本寛子,前田ひとみ,福井幸子:感染予防の観点からの生活援助技術に関する視聴覚教材の開発と評価,平成22年度 名古屋市立大学 特別研究奨励費 研究成果報告書,64-65,平成22年度 名古屋市立大学 特別研究奨励費,2011.

助成金獲得状況

[科研費]
  • 矢野久子(代表:青山恵美),医療施設内結核感染予防のための結核健診受検職員の継続支援システムの構築と臨床応用,日本学術振興会・基盤研究(C),2021-2025.
  • 矢野久子,安岡砂織(代表:福井幸子):マルチレベルモデルを用いた感染症患者への看護師の倫理的行動に対する組織要因の探求,日本学術振興会科学研究費基盤研究(基盤C),2021~2024(予定).
  • 矢野久子(代表:村端真由美),在宅で療養する炎症性腸疾患患児の感染予防のための支援方法の構築,日本学術振興会・基盤研究(C),2021-2025.
  • 脇本寛子(分担:矢野久子):侵襲性新生児GBS感染症予防のための母児感染予防対策とケアの開発,日本学術振興会科学研究費基盤研究(C),2018~2021(予定).
  • 安岡砂織:皮膚常在菌による血液透析アクセス感染予防のための皮膚保護材の開発に向けた基礎研究,日本学術振興会科学研究費基盤研究(若手),2019~2022(予定)
  • 吉川寛美:小児科外来における保護者の感染予防に関する認識と行動の実態と看護支援方法の構築,日本学術振興会科学研究費若手研究,2018~2021(予定).
  • 矢野久子(代表:村端真由美):長期在宅療養中の炎症性腸疾患患児の感染予防のためのシステム構築に関する研究,日本学術振興会・基盤研究(C),2017-2021.
  • 矢野久子:医療施設内結核感染予防のための結核健診受検職員の継続支援システムの構築,日本学術振興会科学研究費・基盤研究(C),2016~2021.
  • 矢野久子(代表:福井幸子):感染症患者の人権を守るための看護師の倫理的行動に関する研究,日本学術振興会科学研究費・基盤研究(C),2016~2021.
  • 矢野久子(代表:古林千恵):地域連携における上部尿路感染予防のための清潔間欠自己導尿患者への継続支援の構築,日本学術振興会科学研究費・挑戦的萌芽研究,2016~2019.
  • 吉川寛美:小児科外来における医療関連感染予防のための玩具の衛生管理方法の検討, 日本学術振興会科学研究費 研究活動スタート支援,2016~2017.
  • 矢野久子(代表:安岡砂織):多施設における短期型透析用カテーテル関連感染予防のためのシステム構築に関する研究,日本学術振興会科学研究費基盤研究(C),2015~2019.
  • 矢野久子(代表:前田ひとみ):Positive Devianceアプローチによる医療関連感染予防の新たな戦略,日本学術振興会科学研究費基盤研究(B),2014~2019.
  • 脇本寛子(分担:矢野久子他):侵襲性新生児GBS感染症予防のための母児感染予防ケアの開発と評価,日本学術振興会科学研究費基盤研究(C),2014~2019.
  • 矢野久子(代表:村端真由美):重症な炎症性腸疾患患児における医療関連感染予防に向けた排泄ケアプログラムの開発,日本学術振興会科学研究費基盤研究(C),2014~2017.
  • 矢野久子(分担:脇本寛子他):外来機能の強化による医療関連感染予防のための連携システム開発と評価,日本学術振興会科学研究費基盤研究(C),2012~2016.
  • 矢野久子(代表:安岡砂織):皮膚細菌侵入による透析用カテーテル関連血流感染予防のための管理方法の開発,日本学術振興会科学研究費基盤研究(C),2012~2015.
  • 矢野久子(代表:福井幸子):訪問看護事業所とかかりつけ医の連携における感染予防上の課題と対策,日本学術振興会科学研究費挑戦的萌芽研究,2012~2015.
  • 脇本寛子:侵襲性新生児GBS感染症予防のための母児ケアシステムの開発,科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金若手研究(B),2011~2013.
  • 山本洋行:多剤耐性菌による腎瘻カテーテル関連感染予防のための腎瘻ケアの開発,科学研究費助成事業学術研究助成基金助成金若手研究(B),2011~2013.
  • 矢野久子:外来機能強化による医療関連感染予防のための連携システムの開発,科研費基盤研究(C),2009~2011.
  • 矢野久子(代表:前田ひとみ):耐性菌拡大予防に向けた多職種連携による地域ネットワークと感染監視システムの開発,科研費基盤研究(B),2008~2011.
  • 脇本寛子:医療連携の観点からの新生児GBS感染症予防のための母子ケアシステムの開発,科研費若手研究(B),2008~2010.
  • 脇本寛子(代表:土井まつ子):地域の保健医療施設に対する院内感染対策の向上をめざす支援プログラムの開発と評価,日本学術振興会科学研究費基盤研究(B),2008~2012.
[その他研究費]
  • 脇本寛子(代表:山口知香枝):ハルリム大学との国際共同研究の推進と学生間交流プログラムの拡充,令和2年度名古屋市立大学特別奨励費 国際交流の推進事業,2020年度.
  • 脇本寛子(代表:曽我幸代):名古屋市立大学とパーツ大学の大学間交流協定における人づくり,地域づくりに着目した学際的交流プログラムへの拡充,令和2年度名古屋市立大学特別奨励費 国際交流の推進事業,2020年度
  • 脇本寛子(代表:天野薫):ハルリム大学との学生間交流プログラムの拡充と共同研究の推進,平成31年度名古屋市立大学特別奨励費 国際交流の推進事業.
  • 脇本寛子(代表:中神克之):保健医療分野の国際的な人材の育成・確保に着目した東ティモール・パーツ大学との互恵的な交流の推進,平成31年度名古屋市立大学特別奨励費 国際交流の推進事業.
  • 矢野久子(代表:福井幸子):訪問看護で注射器等を安全に廃棄できる携帯用医療廃棄物容器の開発、平成30年度青森県研究推進・知的財産センター指定型研究、産学連携研究、2018.
  • 脇本寛子(分担:今枝恵利奈他):看護実践能力向上のためのシミュレーション教育に関する研究―ハルリム大学との国際共同研究―,名古屋市立大学特別奨励費,2018.
  • 脇本寛子(代表:山口知香枝):国立モンゴル医科大学との交流の発展とコミュニティヘルス分野における共同研究の可能性の模索,名古屋市立大学特別奨励費,2018.
  • 脇本寛子(代表:山口知香枝):根拠に基づいた健康的なコミュニティづくり,日本・アジア青少年サイエンス交流事業 さくらサイエンスプラン,2018.
  • 矢野久子(代表:福井幸子):訪問看護で注射器等を安全に廃棄できる携帯用医療廃棄物容器の開発,平成29年度青森県研究推進・知的財産センター指定型研究,産学連携研究,2017.
  • 脇本寛子(代表:山口知香枝):国立モンゴル医科大学看護学部との交流の拡充,名古屋市立大学特別研究奨励費,2017.
  • 脇本寛子(代表:樋口倫代):東ティモールパーツ大学との学術交流に向けた準備,名古屋市立大学特別研究奨励費,2017.
  • 矢野久子(代表:福井幸子):訪問看護で注射器等を安全に廃棄できる携帯用医療廃棄物容器の開発,青森県:平成27年度研究推進・知財センター指定型研究,2015.
  • 矢野久子(代表:村端真由美):抗菌塗装の長期有効性評価に関する検討,三重県:みえライフイノベーション総合特区推進費補助金,2015.
  • 矢野久子(代表:住田千鶴子):高齢者における完全埋め込み型中心静脈アクセスポート管理の実態と課題,名古屋市療養サービス事業団,公益助成事業助成金,2015.
  • 矢野久子(分担:脇本寛子他):院内感染予防のための保健所と連携した結核接触者健診受検者の継続支援システムの開発,名古屋市立大学特別研究奨励費,2014.
  • 脇本寛子(分担:矢野久子他):ユニフィケーションによる看護実践能力向上に向けた多重課題に関する教育プログラムの開発と評価,名古屋市立大学特別研究奨励費,2014.
  • 長谷川忠男(分担:矢野久子,脇本寛子他):臨床分離A,B,G群レンサ球菌の病原性・薬剤耐性の変化とそのメカニズムの解明,名古屋市立大学特別研究奨励費(複数の学部・研究科に係る連携研究の推進),2014.
  • 脇本寛子(分担:矢野久子他):ユニフィケーションによる看護実践能力向上に向けた多重課題に関する教育プログラムの開発と評価,名古屋市立大学特別研究奨励費,2013.
  • 長谷川忠男(分担:矢野久子,脇本寛子他):地域ケアサービスの向上を目指した感染予防システムの開発~次世代の健やかな育成のための感染症対策~,名古屋市立大学特別研究奨励費(医・薬・看の連携研究の推進),2013.
  • 脇本寛子(分担:矢野久子他):ユニフィケーションによる看護実践能力向上に向けた多重課題に関する教育プログラムの開発と評価,名古屋市立大学特別研究奨励費,2012.
  • 長谷川忠男(分担:矢野久子,脇本寛子他):地域ケアサービスの向上を目指した感染予防システムの開発,名古屋市立大学特別研究奨励費(医・薬・看の連携研究の推進),2012.
  • 山本洋行(分担:矢野久子,脇本寛子):多剤耐性菌侵入防止のための腎瘻ケアの検討,名古屋市高齢者療養サービス事業団公益助成事業,2011.
  • 山本洋行(分担:矢野久子,脇本寛子他):感染予防の観点からの看護技術に関する視聴覚教材の開発と評価―看護学生から新人看護師までの看護実践能力向上に向けて―,名古屋市立大学特別研究奨励費,2011.
  • 長谷川忠男(分担:矢野久子,脇本寛子他):名古屋市における多剤耐性菌拡大予防のための地域ニーズ発掘とその対策~地域の感染予防機能向上をめざして~,名古屋市立大学特別研究奨励費(医・薬・看の連携研究の推進),2011.
  • 山本洋行,矢野久子,脇本寛子他:感染予防の観点からの生活援助技術に関する視聴覚教材の開発と評価,平成22年度名古屋市立大学特別研究奨励費,2010.

受賞

  • 矢野久子:勤続20年表彰(理事長:郡健二郎)2020/10/28.
  • 新改法子:2019年度日本環境感染学会・トラベルアウォード 2019/12/18. [受賞対象の国際学会発表] Shinkai Noriko, Morimoto Takeshi, Yano Hisako, Tadaaki Koyama: Risk factors for SSI after open hearts surgery, the 11th Healthcare Infection Society International Conference, Liverpool, UK, 2018.
  • 矢野久子,感謝状.公益社団法人全国ビルメンテナンス協会・病院清掃受託責任者講習実施委員会委員長 小林寛伊,平成30年7月
  • 第31回環境感染学会総会・学術集会(平成27年度)優秀演題賞受賞者:吉川寛美
    研究演題「集団保育をしている乳幼児の玩具の汚染度と洗浄方法の効果」 <PDF:集団保育をしている乳幼児の玩具の汚染度と洗浄方法の効果>
  • 矢野久子:学長表彰,名古屋市立大学長 郡健二郎,2015年度.
  • 名古屋桜仁会医学研究奨励賞(平成17年度)受賞 受賞者:脇本寛子,矢野久子他
    研究課題「Group B Streptococcusによる感染予防に関する研究-髄膜炎発症株と非発症株の分子疫学的比較検討- 」
  • 第48回日本感染症学会中日本地方会学術奨励賞(基礎分野)(平成17年度)受賞 受賞者:脇本寛子,小椋正道,矢野久子他
    研究課題「髄膜炎発症Group B Streptococcus 株と非発症株におけるPulsed field gel electrophoresis 工程条件の検討」
  • 第4回日本環境感染学会賞(平成19年度)受賞 受賞者:小椋正道,矢野久子他
    研究課題「訪問入浴における褥瘡患者のMRSA伝播予防策の検討」